image

生命保険の種類と分類

生命保険は、いくつかの種類に内容を分類することができます。主なものとしては「死亡保険」「生存保険」「生死混合保険」の三種類です。基本的には生命保険は必ずこのどれかに当てはまる形式によって運用されています。
死亡保険とは、文字通り被保険者が死亡(もしくは高度障害)となったときに保険金が支払われるものです。死亡保険にも種類があり、「定期保険」と「終身保険」にわかれます。生存保険とは、被保険者が一定期間生存をしていた場合に保険金が支払われるものです。具体的には個人年金保険がこれにあたります。生死混合保険はこの両者の特徴を併せ持ったもので、被保険者が生存していても死亡となった場合にも保険金が支払われます。養老保険と呼ばれることもあります。
生命保険における死亡保険の基本形は、「定期保険」と「終身保険」です。定期保険とは定められた保険期間中に被保険者が死亡や高度障害となった場合に保険金が支払われるというしくみです。特徴としては、少ない保険料で高額の保障を受けることができます。ただし、保険料は掛け捨ての場合が多く、満期保険金もありません。
終身保険は、保険期間を一生涯に設定することができる生命保険です。人は必ずいつか死亡となりますので、保険会社は時期の到来のときには必ず保険金を遺族に支払わなくてはなりません。そのため保険料は掛け捨て型よりも割高になります。また、解約をした場合にも保険総額よりもやや少なくなるもののかなり多めの解約返戻金が発生します。