image

生命保険の定期保険

生命保険は大きく分けて「掛け捨て型」と「貯蓄型」に分けることができます。このうち「掛け捨て型」の生命保険は月々の保険料を安く抑えることができる変わりに、保険を受けることができる期間をあらかじめ限定させておくことが特徴となっています。この期間を定めて保険料や保障内容(支払われる保険金額)を決める契約のことを「定期保険」ということがあります。
生命保険契約を定期保険で行っった場合、無事に保険期間まで生存をしていても払った保険料が戻ってくることはありません。また、途中で保険契約を解約をしたとしても、解約返戻金が発生することはほとんどの場合でなく、あったとしてもごくわずかの金額にとどまります。定期型の生命保険では、あくまでも実際に死亡が起きた場合の保障を充実させることに重点がおかれているので、その他の経済的保障はなされないようになっているのです。
定期保険の場合、支払われた保険金が保険会社に蓄積されるということはありません。その点が貯蓄型の生命保険とは違います。定期保険で支払われる保険金は、契約者全員から集めた保険料から賄われるしくみになっているので、月々の保険料を安くおさえることができます。
定期保険の保険料は、契約による被保険者の年齢や健康状態に応じて大きく変化します。また保険期間の長さによっても保険料が変わります。一般的には健康で年齢が若く、保険期間を短く設定している場合ほど保険料は安くなるようです。。