image

生命保険の利用のポイント

生命保険で、とにかく月々の保険料を安くしたいと思うのであれば「定期保険」をかけておくことがおすすめです。この場合、他の生命保険の形式に比べて随分月々の保険料は安くなりますが、反面満期や解約が起きても支払った分の保険料が返ってくることはありません。逆に、月々の保険料は多少高くなっても将来の経済的保障を充実させたいと思うのでれば、貯蓄型の生命保険をかけておくとよいでしょう。貯蓄型の生命保険には、個人年金保険や養老保険などがあります。
一見、払った分の戻りのない掛け捨て型生命保険は払ったお金がもったいないようにも思えるものですが、上手に使うことで損をするということはなくなります。おすすめなのが、他の終身型の保険に合わせてつける方法です。例えば、既に終身型の生命保険に加入している人が、人生のある一定の期間内にだけ保障を手厚くしたいと考えるような場合です。人生設計などにおいて、一時的に利用をすることでお得な利用をすることができます。
生命保険の定期保険において気をつけておきたいのが、定期契約のため更新時期が必ず到来するということです。定期保険の場合、10年、20年といった単位で契約をするので、更新時期が来ても気づかずそのままにしてしまっている人もいます。
定期保険では保険料の支払いが停まり、契約が満期になると自動的に保障もなくなります。もし定期保険を引き続き継続をしたいと思うのであれば、あらかじめ更新の申込をする必要があります。